医療脱毛とエステ脱毛ってどこがどう違うの?それぞれの特徴を理解して施術を受けよう

脱毛を始めたいと思っているけれど、「医療脱毛にしようか?エステ脱毛にしようか?」というところで躓いているかた、きっと多いですよね。

プランや施術の内容もさまざまで、どこで受けるべきか選択するのって本当に大変です。

本当に自分が求めている効果や条件に合っている方を探す第一歩、一緒に踏み出していきましょう。

医療脱毛とエステ脱毛のざっくりとした違い

医療資格を持っているスタッフが施術を行う「医療脱毛」

医療脱毛は文字通り、医療施設で受けられる施術ですね。

医師や看護師が医療レーザー脱毛マシンを利用して治療を行います。

使用されているマシンには光の性質や波長の長さに違いがあって、どんなものが導入されているかはクリニックによって異なりますが、一般的な施術は毛根組織に高熱を与え、細胞を破壊することで脱毛効果を得られるというものです。

美容目的の自由診療なので保険の対象外になって、費用は全て自己負担になります。

エステティシャンが行う「エステ脱毛」

エステ脱毛はエステサロンで行われています。

使用されているのはフラッシュ脱毛マシン。

実は仕組みとしては医療レーザー脱毛マシンと大きな違いはないんです。

異なるのは照射される光の性質で、レーザーは1種類の光を集中的に照射できますがフラッシュ脱毛は波長が複数で、その分レーザーよりも効果が緩やかになりますが、毛根の働きを徐々に弱らせていけます。

美容のプロが提供しているサービスということもあり、高い美肌効果、保湿効果があるアフターローションを使用していることを売りにしているお店も多く見られるのが特徴です。

それぞれで異なる施術効果

どちらも脱毛の仕組みは一緒といいましたが、得られる効果に関しては大きな違いがあります。

医療脱毛は細胞を破壊するという医療行為によって永久脱毛が可能。

一方、医療行為が行えないエステティシャンによるエステ脱毛では、毛根の働きを減退させる施術までしかできません。

正確にはエステの脱毛は減毛、制毛という表現が近いんです。

効果が出始めたことを実感できる期間

細胞を破壊できる医療脱毛と、働きを弱めるに留まるエステ脱毛では1回で得られる脱毛効果も異なってきます。

ムダ毛の生えかたや肌質が個々で異なってきますからあくまでも目安ではありますが、効果が高い医療脱毛は毎回施術のたびに再生してくるムダ毛が減ってくることを実感しやすいのが特徴。

開始から3ヶ月もすれば、生えてくるムダ毛が目に見えて変化してくるんです。

エステ脱毛は減毛スピードが遅く、その2倍から3倍程度、「カミソリを使う回数が減ってきたかな」と感じ始めるのは半年以降になります。

本当に効果が出ているのか、最初はどうしてもやきもきしてしまいがちです。

それぞれ完了にかかる施術回数

どちらも完了まで何度も照射を重ねてダメージを蓄積させていく必要があるので、どのくらい通わないといけないのかということも比較したいところですよね。

これもやはり目安ですが、医療脱毛の場合には元々ムダ毛が薄い人で5回、濃い人でも10回でほぼ自己処理の入らない肌を目指せます。

クリニックの情報をチェックしてみると、5回プランから提供されていることが多いですよね。

医療脱毛よりも効果の出かたが遅いエステ脱毛はやはり回数も倍以上。

5回だとやっと抜けてきたかなという程度で、薄い人なら完了には12回、濃く生えている部位は18回程度見ておかなければなりません。

なかなか根気が必要ですよね。

必要回数から見る施術期間

クリニックやエステサロンごとに施術のタイミングは異なりますが、1ヶ月~3ヶ月に1回のスパンで脱毛が行われています。

5回で完了が目指せるクリニックが1ヶ月に1回施術できれば最短5ヶ月で終わらせられますから、早くツルツル肌になりたいというかたにとっては魅力的なスピード。

2ヶ月に1回でも1年以内、10回の施術なら2年以内に完了です。

エステ脱毛は早くても1年、多くのかたが満足いくまで15回以上の施術を受けているので、平均すると2年から3年程度通い続けることになります。

その間、スケジュール管理も大変そうです。

痛みに関しては効果の高さに比例

脱毛を検討している人にとって、施術時に痛みを感じるかどうかはどうしても心配ですよね。

基本的に刺激は脱毛で得られる効果に比例しているので、医療脱毛の方が痛みを強く感じる人が多いです。

エステ脱毛は瞬間的にピリッとする程度です。

どうしても不安なら、手間がかかろうとエステ脱毛にしておくのも選択の1つ。

ただ、医療脱毛では相談をすることで麻酔クリームや笑気麻酔を処方してもらえます。

無料の店舗もあれば1回数千円の費用がかかるクリニックもありますが、いざという時に対策できるのは安心ですよ。

施術に必要な脱毛資格が異なる医療脱毛とエステ脱毛

いくら安全性を謳われていても、トラブルが起こらないように信頼できる人に施術を担当してもらいたいというのが利用者の本音。

ところで、脱毛施術を行う人ってそのための資格をちゃんと持っているのでしょうか。

まず、医療脱毛に関しては医療機関で施される治療ですから、当然、対応には医師免許や看護師免許といった国家資格が不可欠。

脱毛専門の資格ではありませんが、医療従事者しか医療レーザー脱毛マシンを取り扱うことができません。

施術に関わるのは全員医療関係の有資格者、安全性の高さが医療脱毛の魅力です。

エステ脱毛では、施術に必ず有していなければならない資格はありません。

ただ、認定トータルエステティックアドバイザーや認定上級エステティシャンといった、技術の証明になる民間資格は存在しています。

お店によっては全員資格を取得していることを売りにしているところもあるので、お店選びに悩んだら条件の1つとして考慮しておくのがおすすめですよ。

肌トラブルが起こる危険性と対応

基本的に、エステ脱毛、医療脱毛、どちらも安全基準をクリアした脱毛マシンしか使用されていませんし、照射出力さえ適切であれば火傷や赤み、痒みといったトラブルが起こるのはまれです。

しかし確実なことはいませんし、万が一の際の対応を確認しておくことは大切。

医療脱毛の良い点はその場で治療を施してもらえるところ。

クリニックでの施術なので素早く処置できますし、診療費や薬代も無料です。

一方のエステ脱毛は医療機関と提携しており、いざという時にそちらで治療を受けられるようにはなっています。

やはり店舗側に責任がある場合には治療費が請求されることはありませんが、一度、店舗に相談をする必要があるので対応は遅れがち。

また、医療脱毛と比較して資格がなくても施術ができる分、スタッフのミスでトラブルも起こる場合も考えられるので、脱毛サロン選びには気をつけておきたいですね。

医療脱毛のおすすめポイントと注意点

医療脱毛はとにかく1回の効果が高くて、早く完了を目指せるのがメリット。

医療従事者による安全性の高い施術で再生率が低い永久脱毛を受けられるので、より確実な脱毛を希望するかたに向いています。

ただし、痛みを感じやすく、費用も高めなのがネック。

最近ではリーズナブルなクリニックが増えてきたので料金を慎重に比較し、いざという時のために麻酔代などもかからない店舗を選ぶのがおすすめです。

エステ脱毛のおすすめポイントと注意点

エステ脱毛は完了までに回数が多くかかってしまうので、長期間、計画的に通い続ける必要があります。

その点がちょっと大変ですが、施術の痛みが少なくて、高い美肌効果が期待できるケアを受けられる店舗が多いのが嬉しいところ。

また、キャンペーンでかなり費用を抑えられることもあって、手間がかかってもコスパを優先させたい人に向いています。

トータルで見て自分に合っている方法を選ぼう

総合的に比較をしていけば、脱毛効果と安全性の高さ、最近では料金もかなり抑えられてきたこともあり、医療脱毛の施術がおすすめです。

しかし、医療脱毛よりもやはり費用が抑えられるエステ脱毛も捨てがたいですよね。

まずはそれぞれの特徴を比較してみてから、自分が通いやすいと感じた方を選んでください。

いざとなったら後から乗り換えもできますし、無料カウンセリングや体験照射を受けてじっくり考えて決めましょう。

全身脱毛 おすすめ 福岡 TOP